あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
サスペンス

プレステージ/映画のあらすじ&感想

2006年 クリストファー・ノーラン監督 ライバル同士の奇術師の数奇な運命。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールの役者としての一騎打ちでもあります。

あらすじ

19世紀のロンドン。ボーデン(ヒュー・ジャックマン)は大ホールの舞台で瞬間移動のマジックを行おうとしていた。

人々が注目する中、ボーデンは舞台から消えて床下に落ちる。そこには水槽があり、ボーデンは水の中に。

奇術のタネを見るために奈落に降りて来たアンジャー(クリスチャン・ベール)の目の前でボーデンは溺死してしまう。そしてアンジャーは犯人として捕らえられてしまった。

この数年前のこと、ボーデンとアンジャーは同じ奇術師に師事して修行を積んでした。

あるとき舞台に出ていたボーデンの妻が、アンジャーのミスによってガラスケースの中で溺れ死んでしまう。

それ以降ボーデンはアンジャーを恨むようになり、またアンジャーの奇術師としての成功を妬んでいた・・。




感想

一番の見どころは2人の俳優さんの演技。そしてサスペンスタッチに展開する2人の秘密です。

ノーラン監督が得意の張り巡らされた伏線が、クライマックスできれいに回収されていきます。奇想天外な奇術のタネもあったりと、人智を超えてしまう場面もありますが、たとえば電気の発明だって最初は奇術のように思われたに違いないので、私はこれは「あり」だと思いました。

若く美しいスカーレット・ヨハンソンや、深みのあるマイケル・ケインを堪能しながら、ラストシーンに明かされた秘密に、ああなるほど、だからああだったんだ、と納得。

納得する映画というのは、かゆいところに手が届くような、映画に対して安心できる気がします。

プレステージとは、奇術の用語で、最後のクライマックスのようなこと。瞬間移動なら別の場所にジャーンと出てくるところ。そしてこの映画においては、最後の種明かしのことをもじっていると思います。

ラストのクリスチャン・ベールの表情が、映画のプレステージを完成させました。どのシーンも完成度の高いシーンばかりですが、ラストの数秒間は何度も見てしまいました。