あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ファンタジー

ミッドナイト・イン・パリ/映画のあらすじ&感想

2011年 ウッディ・アレン監督。観終わったあと、心が自然に癒されて静かな状態にもどったような、そんな心地よい映画でした。

あらすじ

ハリウッドの売れっ子脚本家のギルは、婚約者のイネスとともにパリを訪れていた。行く先々の街並みに感動し、パリの歴史に思いを馳せ、パリに住みたいとさえ思うようになるギルだったが、現実的なイネスは全く理解できない。




あるとき酒に酔ったギルが夜の街でクラシックカーに遭遇する。1920年代風の男女に誘われて乗り込むと、パーティ会場に着いた。そこにはジャン・コクトーやスコット・フィッツジェラルドと妻のゼルダ、そしてさらにヘミングウェイもいた。ギルは20年代のパリに迷い込んでいた。

ギルは本当に書きたかった小説の執筆に挑戦していたが、今一つ上手く書けないためヘミングウエイに読んでほしいと頼む。しかし彼はガートルードという芸術家のサロンの主人を紹介する。

そしてそこには、画家のピカソと、その美しい愛人のアドリアナがいた。ギルは一目でアドリアナに恋をしてしまう・・。

あらすじ

ウッディ・アレンの映画は、ハマる人にとっては、とても痒いところに手が届く映画なのではないかと思いました。そして、私もなんだか波長が合うのを感じました。

よくあるタイムスリップものとはどこか一線を画す作品だと感じます。

自分のやりたいことは何なのか、愛すべき人はどういう人なのか、そういう身近なテーマを扱っていながら、時代を遡り偉人ともいえるアーティストたちと出会う、奇想天外ながらとても楽しい話。

何より素晴らしいのは、ヘミングウェイやフィッツジェラルドそしてサルバドール・ダリなどの偉人たちに扮した俳優さんたちの完成度の高さ。まるで大河ドラマで織田信長は誰がいい、と議論する日本人のように、おそらく世界の人々はこのシーンを楽しんだことでしょう。

さらりと軽く作ったように思わせるこの映画、それでも何か心にちゃんと残ります。自分ならどうするか、という思いと、パリの古い街並みのワクワク感。

これがウッディ・アレンなのだな、と納得した作品でありました。