あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ヒューマンドラマ

セッション/映画のあらすじ&感想

2014年 原題: Whiplash デイミアン・チャゼル監督が28歳のときの作品。監督自身の経験がもとになっているようです。音楽好きでなくとも、一度は見ておきたい作品。 

あらすじ

世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、伝説の教師と言われるフレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。映画com.

感想

狂気狂気と言うけれど

どのレビューサイトを見ても「狂気」という言葉が目立ちます。それだけではないのになあと思います。

度が過ぎた指導をする教官は、いろんな映画に出てきますが、この作品でも本当に度が過ぎた指導をしています。

それでも観るべきところはそこではない。確かに「狂気」ともいえるフレッチャーという音楽院の教授の態度。

しかしそれだけではないのです。ジャケットを脱ぐと黒いTシャツからわかる鍛えられた体のフォルム。またジャケットを着るとその空間に漂うスマートな威厳。

その人が発する生徒への厳しくまた卑しい言葉は、私たちにギザギザのナイフのように突き刺さるのです。

この演技こそが、作品を高みに押し上げました。デミアン・チャゼルをメジャーな監督にならしめたのはJ・K・シモンズその人だと言ってもいいと私は思います。

ラストの9分半

さまざまな映画賞に輝いたこの作品。ラストの9分半が話題になりましたが、あのシーンが成功したのはそれまでの血の滲むような熱演があればこそ。鍛えられたのはドラムの技術だけではなかったのです。

ニーマンが踵を返したあの瞬間、ああラストはこうなるなという展開となったと同時にホッとしました。

音楽の素晴らしさに対して人は誰も素直になれるのだと、狂気から救われたラストでした。