あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ヒューマンドラマ

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜/映画のあらすじ&感想

2013年 ドーナル・グリーソン主演。イギリスが舞台です。ジャンルを分けることが難しいですが、よく言われている「SF恋愛コメディ」だとなんだか違う気がします。レイチェル・マクアダムスが超かわいい。




あらすじ

イギリスの西の端にあるコーンウォールに住むティム(ドーナル・グリーソン)は、21歳になったとき父親から「わが一族の男性はタイムトラベルができる。少しだけ過去に戻ることができるのだ。暗いところで思い描いたらそこへ行ける。」と告げられる。

驚きながらもやってみるとたしかに過去に行けた。気になる女の子のために試してみるが、しかし結果は結局ふられてしまう。

そんなティムも卒業してロンドンに行くことになった。

ロンドンでティムはメアリー(レイチェル・マクアダムス)と運命の出会いをする。彼女と結ばれるために、ティムはタイムトラベルの能力を駆使し始めるのだった・・。

感想

この映画の主題はタイムトラベルではありません。見終わって感じることは、人生とは何かということをもう一度考えたくなること。

恋人、妻、子供、親、兄弟との時間はかけがいのないもの。さらに毎日毎日の暮らし、仲間との会話、仕事、そのすべてが私たちにとって大切な時間。それは辛いことも、楽しいことも、なんでもないことも。

ということを投げかけてくる映画です。

全ての人の心にハマるのか、それは何とも言えませんが、心に残るのはSF的なワクワク感ではなく、人が生きる上での大切な何かについてでした。

コーンウォールという独自な文化を持つ地域が舞台なのも、物語のだいじなエッセンスになっています。

ひとりの普通の男性が、タイムトラベルをすることによって、逆に時間は戻せないのだ、ということをわかっていくお話し。

スターウォーズやピーターラビットで少し笑える変な人を演じているドーナル・グリーソンが、ふつうの人の可笑しさをこれまたうまく演じています。