あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
サスペンス

ブラック・スワン/映画のあらすじ&感想/作品はとてもいいですが、主演女優賞?

2010年 ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞しています。作品そのものは素晴らしかったと思いますが・・。

あらすじ

ニューヨークの一流バレー団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)はプリマドンナを夢見ていた。




次回公演の「白鳥の湖」はこれまでよりも黒鳥の官能的な部分を押し出した演出にすると言う演出家のトマ。

実力はあるが真面目な踊りしかできないニナだったが、トマはニナに可能性を見出し主役に抜擢する。

しかしニナはプリマの栄誉を手にしたものの、大役のプレッシャーによって精神のバランスをくずし、次第に幻覚を見るようになる・・。

感想

その幻覚たるや実に官能的な幻覚なのですが、そもそもこんな心の弱い子が一流バレー団でやっていけるのか、と疑問を抱いてしまいます。

しかしながら、ナタリー・ポートマンはさすがに綺麗。バレーを踊るシーンのために特訓したそうですが、運動神経がとてもいいらしく、うまくこなしていました。

ただし難しい箇所はもちろん無理なので、そこは引きの映像になり、後ろ向きになったりしてあきらかに代役だとわかります。

それでいいじゃん、と思うのですが、アメリカでは本編すべてナタリーがやったかのように思われてることに不満を持った替え玉の人が、「1年特訓したぐらいで踊れるわけないじゃん」とマスコミのインタビューに答えたことで論争になったようです。なんでかな。

さてそのポートマンですが、アカデミー賞を受賞しました。ストーリーは単純で、白鳥の湖の主役に抜擢された若いプリマドンナが、どのように苦しみ精神を病んでいくかが焦点です。その肝心のニナの役。

ポートマンではなんとなくイメージが違うなと私は感じました。映画のポスター画像や、宣材はすべて美しいのですけど、だからって演技の内容がいいわけではない。

ずばり、ポートマンの演技の出来は良くないと思いました。まずニナはもっと若い人がいい。心の弱い人だというところは伝わりますが、プリマを目指すほどの人は、病みながらももっと強いところがあるはずです。

それに対して演出家トマ役のヴァンサン・カッセルや母親役の人はすこぶるいい。この二人はしびれるほど上手いと思いました。

こういうわきが固まってること、曲や衣装が素晴らしく、セリフが洒落ている、編集が優れているなどの要因で、主役が生きて、いい映画になるとは思いますが、主演女優賞とはちょっと疑問。

いつかこの同じ話を、ヨーロッパでリメイクしてほしい。なんかふとそう思いました。


人気ブログランキング