あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
サスペンス

ゴーン・ガール /あらすじ&感想/サスペンス映画の最高峰

2014年公開 デビット・フィンチャー監督。セブンに続き、この作品もサスペンス映画の中で最高峰と思っています。

あらすじ

5回目の結婚記念日の朝、ニック(ベン・アフレック)は妻のエイミー(ロザムンド・パイク)が失踪していることに気づいた。エイミーは児童文学のモデルになっていて有名人だったため、失踪はマスコミの標的となった。

やがてエイミーの日記が発見され、そこには、ニックの浮気など夫婦がだんだんと破綻していった様子が書かれていた。

地元警察の取り調べを受けたニックは、夫婦の間には金銭問題もあり、またキッチンの床から大量の血を拭き取った跡が見つかり、ついには逮捕されてしまった。

世間は彼をサイコパスの殺人犯だと決めつける。しかし事件には驚愕の真実が隠されていた・・。

感想

その昔、ヒチコックの「鳥」とか、ドキドキハラハラの映画や小説がありました。子供だったので感受性が強かったのかもしれませんが、それ以降のサスペンスは、みんな名作を真似しているだけだ、と心のどこかで思っていました。

しかし、新しいから古いからじゃなく、いいものはいい。

ゴーン・ガールはアメリカのベストセラー小説の映画化です。原作を読んでいないので、誰が犯人かまったく知らない状態で見ましたが、どんでんがえしにびっくりの連続、役者さんの熱演のすごさ。これは間違いなく自分史上最高のサスペンスに違いないと思いました。

この映画を見るまで、ハリウッドはけっこうネタ切れのどんづまりで、日本の漫画を映画化するしかないのか、とちょっと思っていましたが、いやいや、そうじゃない。やればできるのです。

この映画は素晴らしい。ハラハラしてガーンとなり、大好きです。


人気ブログランキング