あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
SF

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー/映画のあらすじ&感想

2018年公開。 アメリカ映画。ロン・ハワード監督。

さすがロン・ハワード監督。途中で監督の交代があり、ずいぶん撮り進んでから監督に就任したのですが、大急ぎで撮り直したり、たいへんだったのに、非常にうまくまとめています。ちゃんとスター・ウォーズになっています。

あのいい加減で、口先だけの、要領のいいハン・ソロが、若くなって帰って来ました。いろいろ苦労したのね。ようやくミレニアム・ファルコン号を手に入れて、チューバッカと二人が初めて操縦したシーンでは、感動して涙が出ました。

お守りのダイスや、ハン・ソロの名前の由来、そしてかけがえのない恋人がいたこと、途中で遭遇する帝国軍のスター・デストロイヤー、などなど、ネタバレするから言えないけど、そうだったのね、というシーンが満載。

ただし、こんなふうに反応するのは、古くからのスター・ウォーズファンだからこそ。まあ、スピンオフなのだからそういうもんでしょうが、ファンのためにできているとも言える映画です。

それにしてはお金がかかっているし、本気で作ってある。アメリカでの興行成績が良くないと聞きましたが、どうしてなのかわかりません。SWコテコテのファンの私は、すごーく楽しめました!


人気ブログランキング