あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
SF

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ/あらすじ&感想/ゴジラの顔は違うけど

2019年公開。これぞゴジラ映画!ようやくハリウッドが本気を出してくれました。前作の「GODZILLA ゴジラ」から5年、ゴジラファンが納得できる作品がようやく完成しました。ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(字幕版)




あらすじ

2014年のゴジラ来襲で息子を亡くしたマークは心の傷が癒えず、未確認生物特務機関「モナーク」で巨大怪獣による世界の破滅を防ごうとしている妻のベラと距離を置いている。

あるとき何者かの組織がモナークの基地を襲い、モスラの幼虫を盗み出した。一緒にいたベラと娘のマディソンも拉致されてしまう。さらにその組織によって「ギドラ」も眠りから覚めてしまうのだった・・。

感想

ついに目覚めてしまったギドラ。いや、日本で言うとキングギドラ。そしてラドン、モスラ。みんなおなじみの怪獣ですが、素晴らしいCGでなんとも美しい怪獣になっている。動きも何もかも綺麗。だけど鳴き声はあのおなじみの声だ。

声と言えばゴジラの雄たけび。ああ懐かしい。だけどダイナミックに再現されている。今回のゴジラは心底ゴジラ映画をリスペクトしている人たちによって作られたんだな、とわかります。

ゴジラが好きな人、怪獣が好きな人は絶対に見るべきです。

そうでもない人にとっては、ありきたりの面白い映画と言えなくもないですが・・

とは言え、ストーリーは、なぜ巨大生物が存在するのかという謎に迫り、ではギドラはどうして他の生物を操って世界を滅ぼそうとするのか、果たしてゴジラは味方なのか、というなかなか納得できる展開になっています。「王の覚醒」というサブタイトルがここで意味を持ってきます。

ただ、ひとつだけ私にとって残念なことが。あとはすべてパーファクト。芹沢博士(渡辺謙)も素晴らしいし、音楽も聞きなれた曲がメインテーマになっており鳥肌なのですが、ひとつだけものすごく残念なのが・・

ゴジラの顔。ハリウッド版ゴジラの顔がどーしても受け入れがたい。あれは違うでしょ。私だけがそう思うのかなあ。私が持ってるメルトゴジラのフィギュアの顔と違うんだよね・・。


人気ブログランキング