あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
サイコスリラー

ブレイン・ゲーム/映画のあらすじ&感想

2015年 原題:Solace(苦しみをやわらげる) アンソニー・ホプキンス主演。今度は犯人役ではありません。

あらすじ

娘を白血病で亡くして以来、超能力者のジョン・クランシー(アンソニー・ホプキンス)は自宅に引きこもり周りとの関係を断ってきた。そんなとき、首の後ろを一突きにされる連続殺人事件の解決のため、FBI捜査官のジョーが協力を要請に訪れる。




最初はかたくなに拒んでいたが、いっしょに訪れた相棒のキャサリンに触れたとたん、血に染まる彼女の姿が見えたことで、ジョンの気持ちに変化が起きる。

そうして捜査が始まり、被害者の共通点が浮かぶ。さらにジョンには犯人が自分と同じ能力を持った人物だと感じ始めていた・・。

感想

アンシニー・ホプキンスは大変な名優で、本当に演技の上手い俳優さんだと思います。あの「羊たちの沈黙」のレクターは映画史に残る犯人役と言ってもいいでしょう。

その後も続編が作られ、ホプキンス=レクターという印象が定着しているので、今回犯人を追い詰める役となると、どことなく違和感が漂うのもやむなしです。

なかなか良くできた映画で、スピード感もおどろおどろしいところも、血が出すぎないところも、絶妙。さすが最初は「セブン」の続編として書かれた脚本だけのことはあります。

課題はやはりホプキンスを見るこちらの眼が「レクター」になってしまっていること。いつか何かがおきるのでは、と期待して観てしまうと、がっかりすることに。

また、高齢ゆえにアクションシーンにからみづらいというところも、少しネックとなりました。

それでもやっぱり最大の問題点は邦題です。「ブレイン・ゲーム」では物語の本質が反映されていません。なになにゲームにすると、逆に興味を失うような気がしませんか?