あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ヒューマンドラマ

『PERFECT DAYS』映画のあらすじ&感想:ヴィム・ベンダース監督が東京を舞台に描く「ある男」の物語

2023年 主演の役所広司はカンヌ映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。日本贔屓で知られるベンダース監督は「東京物語」の小津安二郎にも傾倒しており、日本人よりもずっと日本のことを知っているような気がします。また、平山という苗字は小津作品に多く登場するのだとか。

あらすじ

東京・渋谷でトイレの清掃員として働く平山(役所広司)。淡々とした同じ毎日を繰り返しているようにみえるが、彼にとって日々は常に新鮮な小さな喜びに満ちている。

昔から聴き続けている音楽と、休日のたびに買う古本の文庫を読むことが楽しみであり、人生は風に揺れる木のようでもあった。

そして木が好きな平山は、いつも小さなフィルムカメラを持ち歩き、自身を重ねるかのように木々の写真を撮っていた。そんなある日、思いがけない再会を果たしたことをきっかけに、彼の過去に少しずつ光が当たっていく。映画com.

感想

道路の木の葉を竹ぼうきで掃く音「ざーっざーっ」で目が覚め、いつものように植木に水をスプレーしたあと、ひげを整える平山。

青い軽ワゴンに乗り込み、選んだカセットをスカイツリーが見えたところでスタートさせる。始まる曲はキンクスの「Sunny Afternoon」、途端にこの映画がおそらくいい作品だと確信します。

人は誰も、自分のルーチンで生きているかもしれない。ただ、そのことを美しいと感じたことは一度もないでしょう。

しかし平山のそんなシンプルな毎日は、映像にすると、なんとも美しく思えます。人が生きるということは、つまりこのように美しいことなのでしょう。

ネタをばらして申し訳ありませんが、平山の過去については、思ったほど克明に語られることはありません。

ですがこの映画はそれが目的の物語ではないのです。ルー・リードが酩酊しながら書いた曲「PERFECT DAY」のように、平山も酒を2杯飲んで何かを忘れるかのようです。そしてまた朝になると同じルーティンで仕事に出かける。

こんなふうに、人は、生きていくのです。

たとえば現実世界でも、トイレを掃除する人もいれば道路を作る人もいる、ペコペコ謝る仕事の人やお世辞を言い続ける人。だけどそれは自分が自分を認めなくなった瞬間にみっともなくなってしまう。

誇りを持っているからこそ、人は美しい。

2時間の上映時間の間、私は不思議な快適な時間の中にいるのを感じていました。それはこの映画が自分に向かって、「あなたの生き方はそれでいい」と肯定してくれているように思えたから。

そう、この作品は観客の心に向かって、生きることの肯定をしてくれているのかもしれない。

70年代の素敵な曲たちの、胸に響く旋律とともに、それはヴェンダースの愛する木漏れ日のように、ずっと降り注いだのでした。