あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ヒューマンドラマ

21グラム/あらすじ&感想

2003年 「バードマン」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。練られた脚本だがショーン・ペンの印象しか残らない。
21グラム (字幕版)

あらすじ

大学教授のポール(ショーン・ペン)は心臓病で余命1か月の命。2人の子供・夫と幸せに暮らすクリスチーナ(ナオミ・ワッツ)。刑務所から出て強い信仰心を持つようになったジャック(ベニチオ・デル・トロ)。それぞれ出会うこともないはずだった3人が、ジャックが起こした不幸な事故がきっかけでその運命が交錯する・・。

感想

心臓移植をテーマに、クロスカッティングっていうんですか、過去・現在の3人の物語をバラバラにして、平行に進行させる技法。最後にようやく話は一つに繋がり、3人はいっしょに車に乗っています。

一人は瀕死の状態で。ナオミ・ワッツもベニチオ・デル・トロも上手い役者さんですが、ショーン・ペンの迫力には負けます。あの瞳で女性に言い寄るシーンではとても善人には見えません。

それにしても21グラムとは。それは昔どこかの医師が、魂の重量を計ろうとして導き出した数字らしいです。死ぬことと生きることの違いは、たったの21グラム。最後にショーン・ペンはそのことを私たちに伝えます。

しかしこの映画には救いはあります。消えていく命があれば、生まれ来る命も・・。ラストシーンでナオミは何ともいえない表情をしています。人間が生きていることって、何だろう。それはつまりこういうことかな、と投げかけられるような映画でした。