あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ヒューマンドラマ

世界に一つのプレイブック/映画のあらすじ&感想

2012年 原題:Silver Linings Playbook。ジェニファー・ローレンスがアカデミー主演女優賞を受賞しました。
世界にひとつのプレイブック (字幕版)

鬱病の主人公が再生するまでを描いた作品です。同名小説の映画化ですが、実際にはこう簡単にはいかないのでしょうけど、でも人はきっと再生できる、と勇気が出るドラマになっています。Silver Linings とは、英語のことわざの一部で、「希望の光」というような意味です。

あらすじ

妻の浮気現場を目撃した高校教師のパット(ブラッドリー・クーパー)は、混乱して相手の男に暴行し、その後、鬱病で精神病院に入院する。




8ヵ月後なんとか退院するが、接近禁止になっている妻のニッキとよりを戻すことばかりを考えている。

両親や友人たちに囲まれ、問題を起こしながらもなんとか過ごしていたパットだったが、ある日夫を事故で亡くした同じ心の病を抱えたティファニー(ジェニファー・ローレンス)と知り合う。

過激な発言と行動で戸惑うパットだったが、ティファニーの社交ダンスのパートナーになることになり、その日から少しづつ何かが変わっていった・・・

感想

ラストシーンの一発逆転の盛り上がりは青春スポ根ドラマのようで、ちょっとウルウルしました。躁うつ病の主人公たちのセリフがとても多くて、字幕が間に合っていない。

父親役のロバート・デ・ニーロが特によくしゃべる人で、こういう人の息子だから興奮するんじゃない?と思えてきます。ブラッドリー・クーパーはアカデミー賞を取れませんでしたが、とてもうまく心の病の人を演じていたと思います。

奇行を繰り返すパットが、ランニングの時に来ていた黒いゴミ袋が、演出のうまさを感じます。

積水 120型ポリ袋 黒 120ー2 N9794K

それにしてもジェニファー・ローレンスの美しいこと、上手いこと。配役を決めるときに「若すぎる」と言われていたらしいけど、この人以外考えられないぐらい、適役だったと思います。