あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
ファンタジー

美女と野獣/映画のあらすじ&感想/みんな歌唱力すごい

2017年 ディズニー映画らしく安定のおもしろさ。王子様の話を作らせたら天下一品。
美女と野獣 (字幕版)

あらすじ

魔女に呪いをかけられて、醜い野獣になってしまった王子は、古い城に閉じこもって暮らしていた。呪いを解くには、魔女が残した花が散ってしまう前に、本当に愛し愛される人を見つけなくてならない。

そんなとき、村の娘ベルが城に迷い込んだ父を助けにやってくる。身代わりで城に残るが、ベルの進んだ考え方や読書が好きなことなどを知るにつれ、気難しい野獣は心を開いていく。またベルも野獣のやさしい心に気付いていくのだった・・。

感想(ネタもバレ)

ディズニーのアニメなどで、みんなが知ってる、ハッピーエンドの話。てっぱんのおもしろさで、満足して終わります。ハッピーエンドとわかっていても、ハラハラする展開になっていて、アニメよりも冒険度が増しています。

悪役ガストンのルーク・エヴァンスは「ホビット」に出ていたカッコいい人間役の人ですね。こんなに歌が上手く、意地悪い役ができるとは。ガストンとの息詰まるアクションのあと、クライマックスの野獣が王子に戻るシーン。

ネタバレですみませんが、野獣のメイクから、その雰囲気をこわさずうまく美しい男の人に変身しました。おおーっと思うくらいじょうずに。このあたりのツボはディズニー映画は心得ています。

映画が終わって明るくなったとき、後ろの席の若い女の子が、「ね、いいでしょ、感動するでしょ」と隣の友達に話しかけていました。その子は1回見て感動し、友達を誘ってまた見に来たのですね。

さて、主役のエマ・ワトソン。ハリー・ポッターの子役の頃、ものすごく可愛かったけど、大人になったらフツーかなと思っていました。確かに写真だと、絶世の美人ではありません。しかし歌いながら踊ってセリフを言う彼女はとても魅力的。女優としての力量が女性の魅力も倍増させています。

ところで、ポット夫人のエマ・トンプソンの歌、ひときわ素晴らしかったですね。この人は昔ケネス・ブラナー(イギリスを代表する俳優・オリエント急行の人)の奥さんでした。俳優として評価され大英帝国から勲章とか騎士号をもらっています。

そういういろんな隅ずみまでが行き届いている、お金がかかっているディズニー映画、安定しています。1回は見てほしい作品です。