あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
アニメ

未来のミライ/映画のあらすじ&感想

2018年公開 あまりにも酷評されているので、逆に気になって、見るつもりじゃなかったけど見てしまいました。
未来のミライ

あらすじ

とある街の、庭に小さな木の生えた家に暮らす4歳の男の子・くんちゃん(上白石萌歌)。妹の赤ちゃん・ミライちゃんが生まれてから、両親の愛情を奪われたようで、戸惑う日々だった。




あるとき学生の姿の少女が現れる。彼女は未来からやってきた妹のミライちゃんだった。

ミライちゃんに導かれ、時空を超えた旅に出るくんちゃん。幼いころの母や、青年時代の曽祖父など、様々な人に出会い、不思議な体験をして、くんちゃんは大人になっていく・・。

感想

主人公が4歳の子供っていうのが、ミソなんですね。これを受け入れられない人がこの作品を受け入れられないのでしょう。

こんな怪獣みたいな、わめくばかりのやつ、大嫌いって思うのでしょうね。でも子供ってみんなもれなくこういう感じなんですよね。

気になったのは、最後の東京駅の未来のシーン。これはなんとなく既視感がありました。でも落とし物の受付の声が素晴らしく上手でしたので帳消し。

列車の使い方は、一番大切なシーンだったので、いまひとつでしょうか。

昔のおじいさんの若いころの声を演じた福山雅治はとてもよかったです。

残念なのはくんちゃんの声。吹替えの上白石萌歌の声質がどうもキーキーしすぎていて、そのせいか「スキクナイ」と繰り返すセリフで耳が痛くなりました。

子供はああいう腹立つものですが、映画ですので、もっとうまい演出があったはずです。とても残念。

庭の樹がすべてをつなぐアイテムだったというオチもちょっと既視感。

将来評価されるかどうかわかりませんが、私の感想は、「いいんじゃない、まあ。」ぐらいであります。