あのとき見逃した映画は名作だったかもしれない
新旧の映画の中から
名作を掘り起こすレビューサイト
アクション

クリムゾン・タイド/映画のあらすじ&感想

1995年 トニー・スコット監督。あのリドリー・スコット監督の弟さんです。「トゥルー・ロマンス」は傑作でした。潜水艦のアラバマって名前はトゥルー・ロマンスのヒロインの名前とかぶってます。
クリムゾン・タイド (吹替版)




あらすじ

冷戦後のアメリカ海軍の原子力潜水艦「アラバマ」が、ロシアで起きた叛乱にそなえて出港するが、核ミサイルを撃つ権限が艦長にあった時代なので、反乱軍が核ミサイルを打とうとしている、という情報によって、「アラバマ」側もミサイルを打つ準備をしようとする。

しかしちょうど本部からの無線の通信の最中に、敵との戦闘になり、無線の電文が途切れてしまい、ミサイル発射命令なのか、中止命令なのかがわからない。艦長(ジーン・ハックマン)と副艦長(デンゼル・ワシントン)で意見が対立。発射しようとする艦長を一度は解任するが、反対に副艦長が幽閉されてしまう・・。

感想

ふたりの名優の演技合戦とも言える作品。息づまる攻防とはまさにこのこと。手に汗握る、ドキドキする展開に、いっときも目が離せません。

潜水艦サスペンスはたくさんありますが、その中で人間ドラマを中心に描きながら、これほど展開のおもしろさに引き込まれる作品はトップクラス。

「レッドオクトーバーを追え」、「Uボート」と名作は数々あるなかで、私はこの映画を推したいと思います。

最後はアメリカ映画らしく、悲しくない終わり方になります。
その中で一つどうしても気になったこと。ハワイにある本部に出頭したとき、えらい人たちはみんなおろしたてのたたみ皺のある制服を着ていましたが、副艦長(デンゼル)のは洗ってアイロンをかけたような制服でした。

いずれも真っ白で立派なのですが。これも演出?副艦長は洗ってアイロンかけて着る人だ、と言いたいのかな。
もしそうなら、本当にすごい。

この監督はもう亡くなっていますが、リドリー・スコットの作品とは全く違う作風の名作をいくつも残された名監督だと思っています。


人気ブログランキング